栗原類を育てた母の言葉に感動

発達障害の栗原類を育てた母の言葉に感動 「人生は長いマラソン。続けることが重要だよ」

発達障害の栗原類を育てた母の言葉に感動 「人生は長いマラソン。続けることが重要だよ」 | キャリコネニュース

1年前にNHKあさイチの「大人の発達障害」の回に出演し、自身も発達障害であることを告白したモデルの栗原類さん。出演後、発達障害のお子さんをもつ親御さんたちから「勇気づけられた」と大きな反響があったそうです。 6月22日放送の同番組で「子どもの発達障害」を特集した際にもゲスト出演し、ご自身の母親について語った場面が印象的でした。栗原さんは母子家庭で育ち、仕事も家事も子育ても母親がひとりで背負うことが大きかったといいます。(文:篠原みつき) 母子家庭で「親に苦労させてしまった」と語る 栗原類さんのブログより 発達障害とは、ASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)、LD(学習障害)などの総称です。他人に興味がない、言葉の発達が遅い、こだわりが強いなどの特徴があり、本人はもちろん、親の生きづらさにもつながってくる問題です。栗原さんは幼い頃、ADDと診断されていました。 番組では、アメリカで生まれた「応用行動分析」(ABA)というトレーニング方法を紹介。基本は「ほめる」「手助けする」「子どもに主導権を渡さない」ことに努めます。番組では、日々指導されたトレーニング方法を実践している5歳の男の子のお母さんが紹介されました。 発達障害がなかったとしても、幼い子どもの世話は大変。根気よく毎日トレーニングする上、仕事や家事は待ったなしでは疲弊していきます。お母さんは「時間が取れない」「モチベーションを保つのが大変」という悩みも漏らしていました。 栗原さんは「子ども時代、お母様はどう関わってくれましたか?」という有働由美子キャスターの質問に「自分が苦労したというより、親に苦労させてしまったというのが大きかったですね」と語り始めました

キャリコネニュース



最初の成長は他のこと比べるとゆっくりかもしれません。
しかし、その子の人生がダメになった訳ではない。
人生はマラソン。
長い目で子どもを信じて成長を見守る。
大変ですけどね。
けど息抜きを適度にして、子どもと歩んで行きましょう〜。

体育家庭教師で大阪,京都,東京の個別個人指導なら【森 雅昭】かけっこ教室,走り方教室,縄跳び,鉄棒,水泳など

体育の家庭教師を大阪,京都,東京でしている森 雅昭のブログです。笑いを売るをモットーに運動が苦手な子供や発達障害のある子に体育の個人個別指導でしています。かけっこや縄跳び、鉄棒、水泳、球技など体育の指導をしております。東京/愛知/福岡で全国での講演会などのご依頼も受付けております。子供と保護者の目標に合わせて森ができることをサポートさせていただきます。体育の家庭教師ならぜココ1番。