日大アメフトや集団スポーツはミスしたりしたら、罰としてなんの意味があるかわからない、走り込みなどをさせる指導者がいるのか?それはなんのために?指導者のストレス発散のために?

厳しく指導する監督やコーチは、力を抜いて子どもと信頼関係を築こうしない、厳しくして子どもたちを逆らえないようにして言うことを聞かせることが、信頼関係を築いたと思っているのでは?

監督やコーチは、勝って子どもの喜ぶ姿を見たいと思う。それには、勝たないといけないというプレッシャーになり、いつの間にか押し潰されそうになり、子どもたちに、理不尽な練習をさせてしまう。それで勝たなければどんどん厳しい練習、無駄に長い練習、きつい言葉を投げかけてしまう。

厳しい練習、無駄に長い練習、厳しい言葉がけで、もし優勝したり良い成績を出したりしたら、これが強くなるためのやり方だとなってしまう。

体育家庭教師(MORIトレ/モリトレ)で大阪,京都,東京の個人指導なら【森 雅昭】かけっこ教室,走り方教室,縄跳び,鉄棒,水泳

体育の家庭教師(MORIトレ/モリトレ)を大阪,京都,東京でしている森 雅昭のブログです。笑いを売るをモットーに運動が苦手な子供や発達障害のある子に体育の個人個別指導でしています。かけっこや縄跳び、鉄棒、水泳、球技など体育の指導をしております。東京/愛知/福岡で全国での講演会などのご依頼も受付けております。体育の家庭教師(MORIトレ/モリトレ)ならぜひココ1番。